BambooHero

#Programming #iOS #Investment #LifeHacks

EvernoteからNotionへのデータインポートをやってみたので手順をご紹介します

かれこれ10年くらいEvernoteを使ってきたのですが、昨年の日本でのNotionの盛り上がりをうけて私もNotionを使い始め、そこまで使いこなせてる感はないものの、Markdownで書けることやページの構造化がやりやすいといった点が好きですっかりNotionユーザになりました。

Evernoteにはプライベートと仕事両方についてかなりの数のメモをためてきたので、EvernoteとNotion両方のアプリをデスクトップに常に起動しておくという状態が続いていたのですが、Evernoteの年間ライセンスの更新期限通知が来たため、重い腰を上げてNotion移行をし始めることにしました。

NotionにはEvernoteからのデータインポート機能が備わっているので、これを使ってデータ移行をしていくことになります。

試しにいくつかのメモをインポートしてみたので、手順をご紹介します(※Macアプリを使用しています)。



インポート手順

Notionのサイドバーの下の方に「Import」ボタンがあるのでクリックします。


Evernoteをクリックします。


ブラウザが起動するので、Evernoteにログインします。


連携を承認します。


連携が完了すると、インポート画面にアカウント名が表示されます。


Evernoteをクリックすると、ノートブックの一覧が表示されます。インポートしたいノートブックにチェックを入れて「Import」ボタンをクリックするとインポートされます。
いきなりノートが1000以上もあるノートブックをインポートするのは怖かったので、ノートが少ないもので試しました。


インポートが完了するとこんな状態になります。
ノートブックがNotion上の1つページになり、ノートはDatabaseビューで整理されています。
試しに「Flutter開発環境構築」を開いてみます。


Evernote上ではブロックを使って見やすいようにしていたのですが、


Notion上では残念ながらフォーマットが崩れてしまっています。
うーん、インポートはスムーズだったけど、ちょっと惜しい。


おわりに

インポート作業自体はとても簡単でした。

Evernote上のフォーマットをそのまま移行できたら最高だったんですが、さすがにそれは難しいようですね。

コードスニペットとか作業手順とか、結構見やすいようにEvernoteにまとめてきたので、一気に移行するかどうか、ちょっと悩ましい。


他の記事

こんな記事もあります。

bamboo-hero.com


bamboo-hero.com


bamboo-hero.com


bamboo-hero.com